クリニック探しから治療方法まで、矯正歯科徹底ガイド[京都編]

TOP » ビギナーズ必見!京都の矯正歯科・知ったら得するこだわり番付 » 自分で着脱できるってホント?マウスピース矯正

自分で着脱できるってホント?マウスピース矯正

京都でマウスピース矯正、知っておきたいあれこれ

本ページでは、京都の矯正歯科でも、対応クリニックが増えているマウスピース矯正について、種類やメリットデメリット、利用した方による口コミなどをご紹介していきたいと思います。

歯並びの矯正治療においては、長らくブラケット(ワイヤー)器具による矯正が主流となっています。しかし、そうした装置を装着することに抵抗を感じる方も少なくないというのが現実。そんな中で近年、注目を集めているのがマウスピースタイプの矯正装置になります。透明な素材を用いるので周りから気づかれにくく、また自分で取り外しも可能というのが大きな特色。そのメリットとデメリットを詳しく見ていきましょう。

マウスピース矯正のメリット

透明で目立たない

前述しました通り、マウスピース矯正は透明でなおかつ歯にぴったりと密着する仕組みのため、周囲から装着していることを気づかれる心配はほぼありません。

自分で着脱可能

食事や歯磨きの際などは、自分で簡単に取り外すことができます。またそうした特性ゆえに、装置に汚れが付着しにくいという利点もあります。

場合によっては、費用が安価

クリニックや用いる製品にもよりますが、ワイヤーや樹脂などの矯正装置に比べると安価になる場合もあります。ただし、その逆もありえますので、しっかり確認しておくべきです。

マウスピース矯正のデメリット

比較的軽度の矯正に限られる

例えば奥歯も含めた歯全体の噛み合わせが悪い場合や、歯を大きく動かす必要がある場合などには不向きで適していません。

治療期間の長期化や費用が高額になる場合も

ブラケットタイプの矯正装置と比べ、通院して調整する頻度が高くなり、また治療期間も長くなる傾向があります。ゆえに、装置自体の価格が安かったとしても、トータルの治療費が高額になる可能性もありえます。

普及率や対応できる歯科医師がまだまだ少ない

マウスピース矯正自体がまだ新しい矯正治療法のため、対応できる歯科医院や歯科医師が限られているのが現状です。そのため、医療ミスのリスクや、結果が出ない可能性もありえます。

以上の通り、マウスピース矯正もまた、メリットとデメリットをしっかり理解した上で、ご自身にあっているかどうかもしっかり考えて決めることが大事です。

マウスピース矯正の体験者による口コミ

  • 「マウスピース矯正を行なっている知り合いから教わりました。食事や歯磨きの時には外せるというのが便利です。効果も出てきたように思います」
  • 「歯並び改善に興味はありましたが、矯正装置は嫌でした。その点、マウスピースはいいなと思い、相談したところ、私は軽度なので適しているとのことでした」
  • 「マウスピース矯正は自分で取り外せるのがいい所です。ただし、キチンと装着時間をまもることが大事です。最初のころはつけ忘れをしてしまうこともありました」

マウスピース矯正おすすめクリニック

くわばら歯科医院の公式サイトを見る

キョート矯正・審美歯科の公式サイトを見る

特別企画 安いいトコ、教えます♪グッドプライスの矯正歯科 BEST3in 京都

特別企画 安いいトコ、教えます♪グッドプライスの矯正歯科 BEST3in 京都

ページの先頭へ