クリニック探しから治療方法まで、矯正歯科徹底ガイド[京都編]

TOP » ビギナーズ必見!京都の矯正歯科・知ったら得するこだわり番付 » 「抜く」が必ずしも最善ではない!?抜かない矯正

「抜く」が必ずしも最善ではない!?抜かない矯正

抜かない矯正、京都での事情はどうか?

本ページでは、京都の矯正歯科においても対応が分かれる、歯を抜かない(非抜歯)矯正治療について概要やメリットとデメリット、利用した方による口コミなどをご紹介していきたいと思います。

結論から先に申しますと、歯を抜かない矯正(非抜歯矯正)は、歯科医師の間でも賛否両論あり、抜歯矯正とどちらが正しいのかというのは、一概には言えないというのが現実です。中には、それぞれの立場や考え方を強く主張し、反対の意見のクリニックを否定するクリニックも存在している位です。加えて、もうひとつの考え方として、非抜歯矯正か抜歯矯正かは、個々の患者によって異なり、その患者にとってどちらがよいかで判断するとしている医師もいます。

ちなみに、患者の立場からすれば、健康な歯を矯正のためとは言え、抜かれてしまうというのには、抵抗を感じる方も多いことでしょう。抜歯矯正は、犬歯の隣の歯を抜き、そこにできたスペースを利用して残った歯の並びや噛み合わせを整えるというのが一般的です。

一方、非抜歯矯正は、奥歯を移動させる、歯列全体を外側に移動させる、歯を削って隙間を作るなどの方法が取られます。また最新の方法として、歯の傾きを整えることで矯正に必要な隙間を確保するという方法もあります。それぞれのメリットとデメリットは、以下のようになります。

非抜歯矯正

  • メリット:歯を抜く必要がない。
  • デメリット:矯正できる範囲や度合いに限りがある。

抜歯矯正

  • メリット:矯正できる範囲が広く、よりキレイにしやすい。
  • デメリット:健康な歯を抜かなければならない。

なお一点つけ加えておきますと、抜かない矯正においても、親知らずは抜く必要があります。抜かない矯正とは、あくまでも親知らずではない歯を抜かないという意味ですのでご留意ください。

以上の通り、抜かない矯正は、歯科医によって対応や考え方が大きく異なる手法になります。ご自身にとって、抜かない矯正と抜く矯正どちらの方法がよいかは、無料相談などでその医師の考えを聞き、納得の上で決めることが望ましいと言えます。

抜かない矯正の体験者による口コミ

  • 「矯正治療を受けて、なぜもっと早く受けなかったのだろうと後悔しました。健康な歯を抜かないで済むというのも嬉しかったです」
  • 「約2年間かかりましたが、結果的に健康な歯を抜かずに、キレイな歯並びを実現できました。本当によかったと思います」
  • 「親知らずは抜きましたが、その他の歯を抜く必要はありませんでした。結果にも満足しています。ありがとうございました」

抜かない矯正おすすめクリニック

山崎デンタルクリニックの公式サイトを見る

もり矯正歯科の公式サイトを見る

特別企画 安いいトコ、教えます♪グッドプライスの矯正歯科 BEST3in 京都

特別企画 安いいトコ、教えます♪グッドプライスの矯正歯科 BEST3in 京都

ページの先頭へ