クリニック探しから治療方法まで、矯正歯科徹底ガイド[京都編]

TOP » ビギナーズ必見!京都の矯正歯科・知ったら得するこだわり番付 » 矯正歯科界ではもはや常識!?目立たない矯正

矯正歯科界ではもはや常識!?目立たない矯正

目立たない矯正、京都でも今や主流

本ページでは、京都の矯正歯科において主流となってきている目立たない矯正について、種類やメリットデメリット、利用した方による口コミなどをご紹介していきたいと思います。

「ブラケット矯正」のページでも触れています通り、ワイヤー式の金属の矯正装置は長らく主流となっていましたが、そのギラギラした見た目が敬遠されがち。そこで登場したのが、審美ブラケットです。金属の代わりに透明や白の樹脂などを用いることで、装着していることを気づかれにくくするというものです。また、非金属なので、金属アレルギーの方でも装着できるという利点も。一方で、金属ブラケットと比べると、費用の面では高額になってしまう、強度の面でもやや劣ってしまうといったデメリットもあります。

今やこのタイプのブラケットは、京都の矯正歯科でも主流となっており、逆にこの審美ブラケットを用意していない矯正歯科を探すことのほうが困難と言ってよい位です。しかし、いくら金属ブラケットに比べて目立たないと言っても、装着するのは歯の表側なので、全く気づかれないとは言い切れません。その点、装着していることを全く気づかれない装置なのが裏側矯正(リンガルブラケット)というものです。

裏側矯正(リンガルブラケット)とは文字通り、歯の裏側に装着する矯正装置です。

  • メリット:周囲の人から全く気づかれずに済み、また歯の裏側は虫歯になりにくい特性があるため、表側矯正に比べ虫歯になりにくいという利点も。
  • デメリット:装着してから慣れるまでの違和感や発音がしづらくなる傾向があり、費用面も表側矯正より高くなりがち。

ご覧の通り、裏側矯正にはデメリットもあります。そこで、人から見えやすい上顎はリンガルブラケット、比較的目立ちにくく、話す時に舌が当たる下顎には表側の審美ブラケットを組み合わせる「ハーフリンガル」という方法もあります。費用面でも、表側審美ブラケットとリンガルブラケットの中間が相場になります。

なお、マウスピースタイプも「目立たない矯正」の一種と言ってよいでしょう。該当ページも併せてご覧ください。

以上の通り、目立たない矯正装置にもいくつか種類があり、それぞれのメリットとデメリットをしっかり理解した上で、ご自身にあっているかどうか、どの面を優先するのかをしっかり考えて決めることが賢明です。

目立たない矯正の体験者による口コミ

  • 「リンガルブラケットの矯正を受けていますが、半年位で効果が出始めてきていると実感しています。なにより、周囲に気づかれないですむというのがいいです」
  • 「当初はマウスピースを考えていましたが、効果の確実性を説明され、リンガルブラケットにしました。最初は違和感もありますたがじきに慣れ、効果もしっかり出てきています」
  • 「本当は上下裏側にしたかったのですが、費用を考えハーフリンガルにしました。結果的には目立たなさは十分でした。効果も少しずつですが、出てきていると感じられます」

 目立たない矯正のおすすめクリニック

くわばら歯科医院の公式サイトを見る

キョート矯正・審美歯科の公式サイトを見る

特別企画 安いいトコ、教えます♪グッドプライスの矯正歯科 BEST3in 京都

特別企画 安いいトコ、教えます♪グッドプライスの矯正歯科 BEST3in 京都

ページの先頭へ